2020年1月20日のポンコツトレード

トレード記録

こんにちわポンコツです。今日からポンコツのトレード記録も公開していこうと思います。

エントリー場所、利確場所はもちろん、何故そこでエントリーしたのか?何故損切りをしたのか?などを詳しく解説していきたいと思います。

2020年1月20日のポンコツトレード①

これは1/20の朝7時から深夜25時頃までのポンド円5分足チャートになります。

最初のエントリーは14時20分ごろの足の終わりでショートエントリーです。

エントリー根拠:3本の移動平均線がパーフェクトオーダーになり、グランビルの法則が中期線に対して7番、短期線に対して6番が発生した足になります。
そして何度か反発されていたラインも突破しているのでエントリーしました。

利確の根拠:利確については朝8時前の押し目のラインに戻ってきたのと、一本前のローソク足の高値を超えたので決済しました。我慢して持っていればもっと下がったのでしょうけど、相場で「タラレバ」はご法度です。10pipsゲッツで満足しましょう。

2020年1月20日のポンコツトレード②

これも1/20のポンド円5分足チャートになります。

エントリー時間は日本時間で19じ30分頃です。

エントリー根拠:直前で安値の更新ができず、高値も少し更新。
ダウ理論6番の明確な転換シグナルの発生ですね。
その後も安値更新せずに高値更新で上昇トレンド確定。
移動平均線がパーフェクトオーダーになり、赤線が交差しているところでまたしてもグランビルの6番と7番発生し高値更新のタイミングでエントリー。
そして逆三尊のネックラインを超えている。これは完璧でした。

利確の根拠:これは綺麗に逆三尊(赤ライン)のネックライン超えでエントリーできたので、逆三尊の始まり(黄色のライン)まで我慢しようと決めていました。一瞬ラインを超えましたがすぐに戻ってきたので、予定していた場所でも合ったので利確しました。15pipsゲッツゥゥゥ!

今日のまとめ

今日のトレードはホントうまくいきました。
一回目なんでうまくいった日から始めるつもりでしたがw

こんなにきれいな場所でエントリーすることは正直あまりできてません。
ポジポジ病なんでちょっと根拠が弱くてもすぐにエントリーしちゃうんですよね 😥

このブログでエントリーを公開することにより、ポジポジ病が収まることを祈っています。

さて本日のトレードですが、ポンコツの好きな移動平均線を使った、トレードをしっかりすることができました。

その他にも基本の考え方として「ダウ理論」なども常に意識してトレードできました。皆さんのトレードの参考にもなれば幸いです。

こちらも合わせてお読み下さい。

コメント