一日のうちいつ取引したらいいの?

FX基礎知識

こんにちは、子供が横でパンを食べているのがうらやましいポンコツです。

子供の成長が嬉しくてチャート見てる時間が持ったいないです。

でも家族のためにFXも頑張らないと(‘ω’)

さて今日のテーマは・・・

FXはいつ取引するのがいいのか?についてです。

FXは平日の24時間いつでも取引できるのでサラリーマンの方が帰宅後にするもよし、主婦の方が子育ての合間にするもよし、ニートが好きな時間に起きてするもよし、といつでもできる柔軟さが人気の一つでもあります。

結論から言いますといつ取引してもOKです。

しかし、為替相場は世界中の銀行のやり取りで市場が形成されている、と以前お話しましたが時間によって値動きの癖のようなものがあります。

今回は為替市場とは?時間帯や通貨による特徴や、戦略についてお話します。

これからFXでバリバリ稼いでいきたい!というFX初心者さんにとっても、為替市場については最低限知っておきたい基礎知識でもありますので、この機会に理解を深めていってみてはいかがでしょうか?

外国為替市場の仕組みを理解しよう!

まず本題に入る前に「そもそも為替市場って何なのか?」というお話です。

為替市場というのは、簡単にいうと世界中の銀行のネットワークを介して為替取引が行われる市場のことです。

よくニュースの報道で「本日の東京外国為替市場は1ドル○○円で取引がされていました・・・」といってるのは、取引を行ってる銀行が存在している都市や国のことを東京市場とか、ニューヨーク市場と呼んでいるだけで、為替市場自体はリアルには存在しないバーチャルな市場なんです。

ですので、FXなどの為替取引は、株取引のように証券取引所で取引されているのではなく、コンピューターや電話などのネットワークを介して世界各国の銀行が24時間取引を行っています。

通常は銀行の営業時間は昼間だけですが、常にどこかの国の銀行が営業を行ってくれているので、市場参加者は自国の金融機関が営業していない時間帯もそのネットワークを通じて、24時間取引ができるようになっているってわけです。

24時間取引ができるというのはFXトレーダーにとっては非常にありがたいことなんですが、為替市場が銀行間の取引ネットワーク上に構成されているというのもあって、相場が大きく動く時間帯というのは、世界中の銀行が営業している時間帯に集中しがちです。

逆に言えば、相場が活発に動いているところだけでトレードしたければ、世界各国の銀行が営業していて為替市場の取引量が多くなる時間帯を狙えばいいということでもあります。

さて、そんな為替市場の取引の中心地となっている都市やエリアは、大きく分けるとオセアニア、アジア、ヨーロッパ(欧州)、ニューヨーク、の4つに分けることができます。

一日の流れで行くとオセアニアが朝5時から銀行が営業を始め、そこからアジア市場が始まりヨーロッパ、ニューヨーク市場と取引の中心が移動していきます。

ちなみに最も取引が活発になるのは「NY市場」と「ヨーロッパ(欧州)市場」が重なる時間帯、つまり「日本時間21:00〜26:00」です。

各時間帯の値動きの特徴とよく動く通貨ペア

ここからは各市場の時間帯の特徴と、どのような通貨がよく取引されているのかを解説していきたいと思います。

オセアニア・アジア時間(8:00~15:00)

この時間帯は欧州・ニューヨークが閉まっているため大きな値動きはあまり望めません。

更に欧州・ニューヨーク時間に重要な経済指標などが控えていると様子見ムードになりより一層値動きが鈍くなります。

この時間帯はレンジ相場になることが多く、前日の高値安値付近でも見合うことも多くあります。

しかし日本円や資源通貨である豪ドルなどは有事の際に買われる傾向があるので、そのような時は値動きが大きくなります。

・JPY・AUD・NZDがよく取引される
・株式市場が開いている9~15時は比較的ボラティリティがある
・日銀総裁などの発言で大きく動くときがある
・リスクオフ・リスクオンの時は日本円が活発になる傾向がある
ではこの時間のトレードはどのようなことに気をつけて行うべきなのでしょうか。

オセアニア・アジア時間でのトレードのポイント

この時間帯のトレードのポイントはレンジ相場で推移することが多く、前日の高値安値などのラインでレンジ相場を形成することが多いです。
トレンド相場になった場合でも、欧州やニューヨーク時間のような一方的な展開になることは少なく、押し目買い・戻り売りしやすい時間帯かと思います。
またこの時間のポジションは、欧州が始まるまでに手仕舞いしておきたいですね。
後述しますが欧州時間が始まるとアジア時間などの流れを無視して一方的なトレンドが形成されることが多くあります。

欧州・アジア時間(15:00~21:00)

この時間には世界で一番取引量のある欧州勢が参加してきます。
それにより、アジア時間のレンジ相場が終わり一気にトレンド相場へと転換することがあります。
なので、アジア時間にダウントレンドでも、欧州勢の参加によってアップトレンドに転換することがあります。
ポンコツも欧州のトレンドについていくようにしています。これは徹底するようにしています。
また欧州時間はイギリスやドイツなどの経済大国や数多くの国で構成されているため、ギリシャ問題やイギリスの離脱問題、様々な国の経済指標などが発表され、突然思わぬ値動きになることもあります。
・EUR、GBP、CHFがよく取引される
・欧州勢が参加してくる16時からはトレンドが発生しやすい
・様々な国の問題が発生し予期せぬ値動きになることもある

欧州・アジア時間でのトレードのポイント

欧州時間になるとトレンドも出やすくなっているので、改めて環境認識を改めるなどすると、トレードの精度が上がると思います。

ポンコツはいつも欧州時間が始まる頃にアジア時間の高値安値をチェックし、そこをブレイクしたほうに乗っかり後出しじゃんけんトレードでいつも利益を重ねています。

インジケーターなどのテクニカルも機能しやすいのでスキャルピングなどもしやすい時間帯と思います。

あと、経済指標も増えてきて尚且つレート変動が激しくなりますのでポジションを持っている場合は逆指値など入れておくようにしましょう。

欧州・ニューヨーク時間(21:00~6:00)

ニューヨーク開く21時から欧州が終わる深夜2時頃まではFXのゴールデンタイムです。
世界で1・2位の取引量を誇る市場が動いていますので、どの通貨も元気いっぱいですw
ここでもアメリカの経済指標がありますので、必ずチェックし逆指値を入れるなどしておきましょう。
2時以降は欧州勢が閉場するので少し落ち着きますが、それでもアメリカの金融市場で何かサプライズがあれば暴れくるっている時もあります。
欧州のトレンドをそのまま引き継ぐことも多いので、欧州時間からポジションを持っている場合は、含み益なら伸ばし、含み損なら損切することも考えましょう。
あとオシレーター系のインジケーターは一方向のトレンドの時は機能しないので注意しましょう。
・USD、CADがよく取引される
・指標発表がたくさんあり、値動きも激しい
・アメリカの地政学的リスクなども気にしましょう

欧州・ニューヨーク時間のトレードのポイント

この時間はサラリーマンの方などは一息つける時間と思いますので腰を据えてじっくりチャートに向かえると思います。
取引量が一日の中で最大の時間ですので、短い時間で大きな値幅も狙えます。
逆に言えば、エントリーに失敗すれば含み損がみるみる増えますのでエントリー前に損切ラインは必ず決めておきましょう。
逆張りのエントリーはなるべく控え、少し長めの時間軸(1時間~4時間)を見ながらトレードするのが勝率がいいかと思います。
トレンドが継続する傾向にありますが、押し目や戻りもきっちり狙えますので焦らずトレードしましょう。
また、ニューヨーク時間の終わりが日足の確定になりますので、強引に上がったり下がったりするので、できれば欧州勢が終わるくらいに手仕舞いするように心掛けましょう。

まとめ

今日書いた内容を参考に、過去チャートなどを見返していただくと、新たな発見があるのではないかと思います。
FXは時間帯によって特徴があります、しかし毎日同じ動きをしているわけではありませんので、ポンコツもある程度のシナリオは考えはしますが、臨機応変に対応できるように決めつけずに柔軟な思考で相場と向き合う事を意識しています。
皆さんのトレードに少しでもお役立てれば幸いです。

コメント

  1. […] こちらの記事も参考にして下さい ➔外国為替市場の仕組みを理解しよう […]

  2. […] もっと詳しく!一日のうちいつ取引したらいいの? […]